<< 竹林 | main | さようならイチョウの木 >>

心の扉

自分の構造みたいなものがふっと意識にのぼってきた。

自分で思っていたよりもずっと微妙だったみたい。
 

考えるとこの構造に無理があることをいっぱいしてきたし
人との距離もこれくらいで大丈夫だと思ったいたものとは
今となってはだいぶちがう。
これを守るのは私の責任なんだなあ

竹林のことをいろいろ思っていてそう思った。

前にできていたのにできないことがいっぱいで
いいのかなと思ったり

多くの人はできるのに自分はできないということが
たくさんあるし
逆にその反対もある。

だけど構造を生かしてゆくしかできないと覚悟ができた。

絶望みたいな気もするし 希望みたいな気もする。

それしかできないって 前までは悲しかったけど
今はちょっと変わってきた。
これも竹の音みたい。

それにしても 切り落とされてゆく様は苦しく
実際かなりダメージがある。
私だけじゃなく土地にもここらのすべてにきっと。
よりそっていたものが一瞬にしてちぎられる、
戦争ってこんな感じなのかなと思ったりする。

先日 この竹林をすっぽりアーチに包んで虹がでた。
虹のふもとをそこに見た。
こんなことを想像もせずに見ていたけれど
今となっては
とても不思議な感じがする。

絶望と希望の間を透明なものが流れ
移行してゆく
見えるものから見えないものへ 
生と死が 砂時計みたいにいったりきたりする、
虹にはこの扉があるのかなあ。
悲しさとはうらはらに
胸の中の緑の輝きは大きくなってゆくよう。
ao-akua * 花☆植物 * 09:25 * comments(2) * - * - -

コメント

私も大好きだったあの竹林が!?と思ったらきゅん...とした。

でもきっと、yukaさんのいうように、その狭間には透明な何かが流れて、いつか輝いてゆくよね。

竹林に癒されてきた私達が信じることできっとその瞬間竹林と繋がって、記憶の中の竹林の優しい音と緑は永遠に生きて輝いていくよね。

なんか、すごくyukaさんの書いていることに共感してしまいました。yukaさんありがとう。きっと竹林も喜んでる!

そうそう、この間アリエッティを観たんだけど
アリエッティの部屋のシーン見たらyukaさんのこと、思い出したよ☆
Comment by toyo @ 2010/09/03 12:19 AM
toyoさま


泣けます。そうです 私達が好きだったあの竹林!

そういえばきのうはtoyoさんが夢にでてきて一緒にいたんですよ^^


目の前で起こることをしかと見よ といわれているようなこの状況

こんなしうちを!とかちょっと思うけど(笑)この扉を見なくてはと思ってます。

昨夜は 夜ベランダにいたら竹がサラサラいって
ちいさな儀式をしたみたいな気分でした。

今日はそこ一面ほぼ倒れていきました。

これから何度もきっとこうして愛しい存在を見送っていくんですね。


だけどほんとうのところ姿がなくなったとしても命の輝きは誰にも摘み取ることのできないものと

今回なぜかそう思うようになったのは不思議です。

ずっと無意識に手探りしていた世界に橋がかかったみたい。


ああ アリエッティいいですね!

もう一回見にいこうかな 現実逃避したい(笑)
Comment by yuka @ 2010/09/03 4:43 PM
コメントする









このページの先頭へ