<< 小さなカードの扉から | main | 「純な不純」 >>

あるがまま

先日買ったゆりの花。
花びらの先が茶色になってしなびてきて
色あせたおしべにはとろっとした液が固まっている花や
蕾が開きはじめ、めしべにブワッと粉が浮き出かけている花
香りを放ちいきいき鮮明な色で咲いている花
いくつもの命をつける一本のゆりの花は
こうやって命は流動してゆくんだよ
こうして命は朽ちて枯れてゆくんだよと言った気がした。
これが自然なんだよって。

最近枯れかけた花をとても味があるなあと思うようになった。

そうそう、先日しなびてきた極楽鳥花の姿がうつくしいなってはっとした〜★ 
あるがままってなんだろう。残酷にも思える。
あるがままに寄り添って甘えられる植物や動物たち。
死ぬ瞬間まで目覚めて生き
あるがままと一緒に呼吸する輝きに圧倒されます。
ao-akua * 花☆植物 * 10:44 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ