<< いなか浜 | main | 聞こえる? >>

横河渓谷(よっこ)

(屋久島一日目、2007年10月9日)
とてもきれいなところだと聞いて「よっこ」と呼ばれる横河渓谷へ
よっこは宿のある「いなか浜」からバスで一駅の「永田」という駅から
歩いて30分くらいのところだった。
永田で降りてバスの運転手さんによっこまでの行き方をおしえてもらう。
よくわからなかったけど、、とにかくみかん畑をぬけてゆくのね、、、
看板もでていました。


















のどかな風景、思わず
♪里わの火影も 森の色も
田中の小路をたどる人も〜♪と唄いながらあるく。
 

















黒アゲハや大阪では見られない白地にオレンジ模様のアゲハなどもういろんな種類の蝶がたくさん。
虫好きななのでかなりうれしい。昔のように血が騒ぎはしないけど
毎日虫取りをしていたので
目の端でかすむ遠くの蝶のうごきもすぐわかって
年をとっても感覚はかわらないもんだと実感。
みかん畑をぬけてずんずん歩く 
フヨウの花



















よっこの駐車場とトイレに出て上流をめざす。
奥まってきたけどここであってるのかなあと思いながらも歩いていると
一人の外人の男の人とすれちがった。 
苔むした石や木々の間から河原にうつると大きな巨石がたくさん。水は冷たく気持ちいい。
 

















ひとっこひとりいない。
やった〜よっこひとりじめ〜とかなりうれしくなり 岩から岩をとびうつって
気にいった岩の上にねころんだらあったかくてきもちいい。
寝てしまったzzz
どれくらいたったか、、、はっと目が覚めたら 
若者らしき人たち3人が河原についたところみたいで
ひとりが会釈したので会釈をかえす。
でも眠くてまた寝てしまった、、、起きたときはもう誰もいなかった。
どれくらいいたかな、一時間半か2時間くらいいたかな。
  















そろそろ来た道をもどってゆく。
サギもゆったり

しんせつに声をかけてくれたおばさんの後ろ姿もちいさくなってゆく。


















永田からもうバスがなかったのでいなか浜にむかって歩いているとちびっこが
なんとかたけふみ?って知らないかなあ〜と言いながらやってきた。
知らない。有名なひと?と聞くと僕のおとうさん。
、、、、そ、そりゃしらね〜(笑)と心の中でつぶやく^^
僕の家はあそこだと説明してくれた。
リバーシブルの学校帽を半分ずつにしてウルトラマンを
してくれたので記念撮影♪
ao-akua * * 19:07 * comments(0) * - * - -

コメント

コメントする









このページの先頭へ