<< 御蔵島の海 | main | 巨峰のきせつ >>

御蔵島の森

御蔵島の森は世界最大のオオミズナギドリの繁殖地。
(オオミズナギドリについてはここにくわしく書かれてありました。

暗くなると海からたくさんのオオミズナギドリたちが森に帰ってきて
私が寝るときも耳をすますと彼らの声が聞こえていました。
きれいな高い声はオスで低い方はメスだそうです。

日本一のシイの木「大ジイ」を目指して、森へはいると
オオミズナギドリの無数の巣がありました。
まだ海にえさを獲りに行っている親たちは帰ってきていないようです。
きっと巣の中で留守番の親?やヒナが
人の気配に息をひそめているかも。。。



















雨模様だった為 森の中はとても神秘的でした。ほわ〜んとなんともいえない甘い、栄養たっぷりの森の香りに何だか眠くなるzzz




















きれいな実で食べたいなと思っていたら、ガイドしてくれた島の方が
イヌビワという実で いちじくの仲間だと教えてくれました。あまくておいし♪5つ食べた。



















奥にデーンとたっているのが大ジイ。お久しゅうございます。
余談ですが 以前坂本隆一さんもこの大ジイを訪ねてきたそうです。
何やらこの大ジイからインスピレーションをうけて作曲する?というような
番組の収録だったようです。
←つんでも明日生えてくる(ほど生命力が強い!)明日葉
カサブランカの原種のゆりだそうです
こんにゃく













御蔵のアザミはつるつるしていて 棘がありません。
外敵がいないので身を守る必要がないからだそうです。








降った雨は森の栄養をたっぷり含んだ湧き水となり滝となり海に注ぎ
その海の魚を食べたオオミズナギドリが森に帰ってきてふんをして それが木々の栄養となり森が育つ。海と森が支えあって生きている。
この循環のサークルを思い大地を踏みしめて歩きながら 人もただここにいることで、すべてはバランスがとれているのだろうと体で感じました。
自分がいなくてもたいしたことないなんてきっとありえないのだ。あなたもわたしも。
ao-akua * * 23:43 * comments(2) * - * - -

コメント

御蔵島は 伝説の多い島なんでんですね。そして この島だけは噴火を免れている・・・。「大ジイ」まで歩く足元はふかふかしているんでしょうねぇ 森の甘い匂いが こちらまで漂ってきそうです。オオミズナギドリの大繁殖地とのことで 何万と生息する大きな鳥が 地面に穴ほって暮らすさまは そりゃすごいでしょうね。泣き声などもね。
ごめんなさい まだ行ったこと無い私が 興奮してしまいます。小さな島でしょ なのに この島の 凄いエネルギーと 底知れないふかい優しさに 魅せられますね。
素敵な 記事拝見できて 嬉しくてなりません。
ありがとうございます。

私もリンクさせていただきました。
よろしくお願い致します。
Comment by 野の花 @ 2006/09/25 6:35 PM
野の花さま

書き込みありがとうございます。喜んで頂きうれしく思います。
そしてリンクありがとうございます。

海の青 空立ち昇り…と
美しい俳句のようでハッといたしました。
まるで心地よい調べのようです。

ふかふかの土の上を歩きながら
しーんとした森の中でたくさんの巣をみていると
夜の騒がしさが想像できるようでした。
4月には 御蔵島が原産地といわれるニオイエビネの香りが 山に漂うそうです。 
考えただけでもドキドキします。
どんな香りなのでしょう。。。
いつか胸いっぱいにその香りを吸い込めることを夢見て。。。
Comment by yuka @ 2006/09/26 8:45 PM
コメントする









このページの先頭へ