<< つばめ | main | 希望の味 >>

さなぎ

夕方 玄関外のポーチを ゴシゴシこすった
今朝目が覚めたときに 夕方ポーチをそうじしよう!と思い立っていた

植木ばちの下には ちっちゃい蟻や虫も住んでいて その生活をひっくりかえしてしまうのと やむえなくふんずけたりなんかすることを心の中で伝えた

隅にたまった枯葉の中に こげ茶色に赤を少しまぜたような
なつかしい色とかたちをみつけた!さなぎだ!
なんのさなぎやったかな・これ・・かなぶんかな??? 

子供の頃虫取りが好きで
毎日ひとりで網を持って出かけていた 
いつもアゲハやツイてたら黒アゲハのいるつつじ
アオスジアゲハは 針葉樹のあそことか その他いろいろポイントが決まっていた
今も遠くの景色をながめたとき 蝶やトンボの気配がすぐにわかる

あの日々の満ち足りたさえぎるもののない感覚は…そうか!
子供時代という年齢のせいじゃなくて 
自分が自由でいるからだ! 

ところでここらへんは
くわがたや美しい玉虫もいる!

さなぎがそうじでぬれるといけないから 月桂樹の植木の上に移した
飛び立つときは 見送りたいなー

ao-akua * 自然(海☆山)生き物 * 22:26 * comments(1) * trackbacks(0) * - -

コメント

ゆかゆかぁ〜 あやです。
早速さなぎが読みたくて
眠気もさめて 読ませていただいたよ

ゆかちゃんは あやに子供みたいなんて
いっちゃったりしてくれるけど
そういうゆかちゃんも無邪気な子供ですから・・
あはは

そんなゆかちゃんが大好きでね 
出会えてよかった

ユルユルな風が二人を出会わせたの
かもしれないなぁ
メイちゃんが風を感じるように
無意識に二人も風を感じていたのかも・・
風にありがとうと言いたいな。

さなぎが飛び立つのワクワクするなぁ
あやも見たい
ゆかちゃんの嬉しい顔が想像できちゃうよ。



Comment by Aya @ 2005/07/02 1:17 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ